立春から数えて88日目の
5月2日〜3日目ごろを日本の暦による雑節「八十八夜」といいます。
暮らしをだいじにするかたがたに・・・
からだにやさしい
ごはんとおのみものを。
「八十八夜の別れ霜」などと言われ、
八十八夜は霜もなくなり
安定した気候の訪れる時期で、
春から夏へ移る境目の日として、
昔からとても大切にされてきた日でもあります。
「夏も近づく八十八夜・・・」
『茶摘み』の歌にもあるように
八十八夜からは新茶の摘み取りも行われます。
「八十八夜」の店名は、
ワイン、お酒、野菜とお米を中心に、大地の恵みである食物を、
大事にしたいという気持ちから名づけました。
八十八夜という言葉とともに、
ワイン、お酒、お料理と、食をとおして
大地とたのしく付き合える幸せを
ご一緒に感じませんか。
立春から数えて88日目の
5月2日〜3日目ごろを日本の暦による雑節「八十八夜」といいます。
暮らしをだいじにするかたがたに・・・
からだにやさしい
ごはんとおのみものを。
「八十八夜の別れ霜」などと言われ、
八十八夜は霜もなくなり
安定した気候の訪れる時期で、
春から夏へ移る境目の日として、
昔からとても大切にされてきた日でもあります。
「夏も近づく八十八夜・・・」
『茶摘み』の歌にもあるように
八十八夜からは新茶の摘み取りも行われます。
「八十八夜」の店名は、
ワイン、お酒、野菜とお米を中心に、大地の恵みである食物を、
大事にしたいという気持ちから名づけました。
八十八夜という言葉とともに、
ワイン、お酒、お料理と、食をとおして
大地とたのしく付き合える幸せを
ご一緒に感じませんか。

八十八夜のおもてなし

からだにやさしいごはんと
おのみもののレストラン、八十八夜

八十八夜は、お酒、お料理、おつまみ、ご飯、お茶、お菓子と、
こだわりがたくさん詰まった、日本国産和食材をメインに
お楽しみいただける東京吉祥寺のレストランです。
カジュアルでありながら、質の高いおもてなしを、
吉祥寺の街ならではの個性と親近感で
ご提供する工夫をしています。

DRINKS

厳選されたお酒、おのみもの

ワイン、日本酒、焼酎、ウイスキー、日本茶、中国茶、エチオピアのコーヒー原木のリム豆・・・すべて選びました。ワインは、このところ大変においしくなってきた日本ワインを中心に、フランス、スペイン等のビオワインをメインにご提供しております。

ビールは、ワールドコンテスト銀賞受賞、川越のクラフトビール「COEDO」全種が楽しめます。日本酒は常時3種類。毎月のご来店でも楽しんで頂けるよう、月替わりでおもしろいものを入れ替えています。ベースの国産クラフトウイスキーを選べるハイボールも人気です。

スタッフとお話ししながらいろいろお試しくださると、きっとお楽しみがより一層広がると思います。

 

お酒の楽しみ CLICK!

MEAL

こだわりの国産食材

有機露地野菜の見立てで著名な築地御厨内田悟さんの野菜が楽しめます。築地御厨の内田さんはミシュラン・スターレストランのシェフへの銘品野菜をお届けしている野菜の目利きです。内田さんの選ぶ野菜は、風味と味わいが違います。

そして、国産銘品のお肉、厳選したお魚・・・。

八十八夜は、素材を大事に、調理しすぎないお料理、おつまみをご提供しています。こんな食材の楽しみ方があったんだ、という楽しい驚きをご提供する工夫をしています。お料理、旬菜のお皿はぜひ、八十八夜でお楽しみください。きっと楽しい驚きがあることでしょう。

お米は、こし、粘り気、コク、味わいの異なるブランド米を常に3種をご用意。季節ごとに入れ替えておりますので、選ぶ楽しみがさらに。お米はご注文を頂いてから旨味を引き出す土鍋で炊き上げます。お米のおいしさを、選ぶ楽しみとともに、ご堪能下さい。

さらに、自家製おのみものも、血糖値を上げない甘味料を使用するなど、工夫しています。自家製のお菓子、おのみものも季節で旬のものを使ったものに、入れ替えておりますので、季節ごとの楽しみがございます。

 

お料理の楽しみ CLICK!

SPACE

──   空間の居心地   ──

吉祥寺駅そば徒歩3分、天井の高い、年々味わい深くなる天然オーク無垢材のテーブルと
モダンデザインのMIXは、やわらかすぎないリラックス空間。
日常の、その先にある特別な時間でお付き合いいただきたいお店です。

 

空間の居心地

お知らせ

2018.08.20
Webサイトをリニューアルしました。